09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

タケじゃなきゃいられない。けど大地も~

竹原直隆選手・鈴木大地選手を絶賛応援中

船橋東武プロデュース選手権 中間発表(第5週) 

好評につき、なんと期間1週間延長とのこと!(≧ω≦)b
11/4→11/11


詳細は、船橋東武のFacebookを参照願います。




☆鉄板焼きウィークリーランキング第5週☆

10/22(木)~28(水)の期間中オーダー(食)数/累計<累計順位>

1.鈴木大地選手 82/369<1>---大地のこだわり焼きうどん
2.石川 歩選手 73/261<4>--あゆむ焼き
3.中村奨吾選手 62/271<2>---奨吾兄貴(にいさん23)の海鮮棒巻き
4.角中勝也選手60/232<6>---俺のスイーツ!!
5.田村龍弘選手 58/222<8>---海鮮ごっちゃしそば
6.清田育宏選手 53/271<2>---キヨ流キムチ焼きそば
6.唐川侑己選手 53/259<5>---千葉発★チーズ入り肉巻きおにぎり
8.岡田幸文選手 52/228<7>--栃木風 岡ちゃん焼きそば
9.大嶺祐太選手 38/167<9>---THE沖縄!粗挽きハンバーグ
10.マーくん   37/138<10>---マー特製イワシそばめし


\(^o^)/





スポンサーサイト

Posted on 2015/10/30 Fri. 23:45 [edit]

category: 鈴木大地・ロッテ

TB: 0    CM: 2

30

落合流(*≧m≦*) 

落合流ネーミング(笑)


(落合コーチのツイッターより)
昨日から秋の練習が始まりました。ピッチャーは全員マリンに集まりました。今日から鴨川キャンプ組(来年羽ばたくぞ)、浦和練習組(もう一人でやれんだろ)、放牧組(好きにしてください)に別れます。浦和組と放牧組はしばらく会えなくなるのでお元気で!と声をかけました。鴨川組に集中します!


そんな「来年羽ばたくぞ組」メンバーはこちら♪


投手 :大嶺祐、石川、松永、田中、南、川満、吉原、香月良、黒沢、宮崎、阿部、二木
捕手 :吉田、金澤、寺嶋、田村、江村
内野手:高濱、鈴木、中村、三木、大嶺翔、香月一、青松
外野手:清田、荻野貴、脇本、加藤






Posted on 2015/10/29 Thu. 23:55 [edit]

category: 鈴木大地・ロッテ

TB: 0    CM: 4

29

いろいろと。。。 

ロッテは、2軍の青山監督が退団だったり(思い出あった。。。)、
そうしたら、
大地くんをスカウトしてくれた山下コーチが2軍監督になるとかで
それは素敵なことだけれど、
DeNAから大村コーチが来るらしく、
そうしたら、
青山監督がDeNAのコーチになるとかで
チェンジな感じだったり、
今日は今日で、大迫コーチ退団とか。。。

ずっと、大迫コーチと大地くんの、試合後の握手&ハグを見てきた。
たまに聞こえる2人の掛け合いとか、
すごく好きだった。

私が2人一緒にいるのを見たのは、
あのヤフオクドームでの最終戦、
試合後の挨拶のときが最後になったんだ。。。

大地くんは、ちゃんと挨拶できているとよいけれど。。。




Posted on 2015/10/28 Wed. 23:59 [edit]

category: 鈴木大地・ロッテ

TB: 0    CM: 2

28

竹原さんへ 

「現役続行を希望」

絶対そう言ってくれると思った。


また「ビンゴ」だったよ。(^^)

あのときみたいに。

2014年1月31日



そしたら、会いに行くから!(^^)






Posted on 2015/10/26 Mon. 23:23 [edit]

category: まるっと竹原直隆

TB: 0    CM: 10

26

今週の週ベ 

この話、前に聞いたことありましたけど、
大地くんを指名してくれたロッテに、
大地くんをPushしてくれたスカウトさんに、
大地くんをわかってくれたこと、本当に感謝。
DSC_0046.jpg 





Posted on 2015/10/24 Sat. 23:50 [edit]

category: 鈴木大地・ロッテ

TB: 0    CM: 4

24

船橋東武プロデュース選手権 中間発表(第4週) 

詳細は、船橋東武のFacebookを参照願います。




☆鉄板焼きウィークリーランキング第4週☆

10/15(木)~21(水)の期間中オーダー(食)数/累計<累計順位>

1.鈴木大地選手 75/287<1>---大地のこだわり焼きうどん

2.中村奨吾選手 61/209<3>---奨吾兄貴(にいさん23)の海鮮棒巻き
3.唐川侑己選手 59/206<4>---千葉発☆チーズ入り肉巻きおにぎり
4.石川 歩 選手 57/188<5>---あゆむ焼き
4.角中勝也選手 57/172<7>---俺のスイーツ!!
6.清田育宏選手 55/218<2>---キヨ流キムチ焼きそば
7.田村龍弘選手 51/164<8>---海鮮ごっちゃしそば
8.岡田幸文選手 50/176<6>---栃木風 岡ちゃん焼きそば
9.マーくん   37/101<10>---マー特製イワシそばめし
10.大嶺祐太選手 31/129<9>---THE沖縄!粗挽きハンバーグ


\(^o^)/





Posted on 2015/10/23 Fri. 23:59 [edit]

category: 鈴木大地・ロッテ

TB: 0    CM: 2

23

ぜんぜん家に着かない@車中 

稲毛駅、人身事故の影響につきorz

Posted on 2015/10/23 Fri. 22:50 [edit]

category: その他

TB: 0    CM: 2

23

ドラフト2015 

高橋純平くんとオコエっちが取られちゃったよ~。


中継は1ミリも見れてませんが、
伊東監督の引きの強さは、さすがの勝負師。



あと、ヤクルトさんちの話ですけど、
東洋大ということもありますが、
こちら、グッときました(涙)。


ヤクルト1位・原、仲間の祝福に涙/ドラフト


 プロ野球ドラフト会議(22日、グランドプリンスホテル新高輪・国際館パミール)

ヤクルトの外れ1位、東洋大の右腕・原は望外の上位指名に「頭が真っ白。何を話していいか分からない」と驚きを隠さなかった。東都大学リーグ2部降格や右肘の故障で苦しみ、周囲に退部をほのめかしたことも。苦境で支えてくれた仲間に祝福されると涙があふれ「神様が『もう一度神宮で野球をやれ』と言っているのだと思う」と喜びをかみしめた。

 140キロ台後半の直球に変化球も多彩な本格派。「プロでも思い切って内角を攻めたい」と、得意のシュートを生かした強気な投球を貫く意気込みを示した。(共同)






Posted on 2015/10/22 Thu. 23:59 [edit]

category: その他

TB: 0    CM: 4

22

やっとこ2回目、大地くんメニュー(^^ゞ 

今日は行けるタイミングだったので
船橋東武の大地くんメニュー実食へ♪
DSC_0044.jpg 


お味、完璧でございました☆


知り合いになった店員さん、見当たらない~と思って
別の店員さんに聞いてみたら、
今日はお休みの日だったみたいで。(^^ゞ



最後に出てきたサービスの、ナッツのハチミツ漬け♪

あれ? 前回は出なかったよ?(笑)

お料理に合います。(^^)
DSC_0045.jpg 





Posted on 2015/10/21 Wed. 22:22 [edit]

category: 鈴木大地・ロッテ

TB: 0    CM: 4

21

【千葉魂】 博多での悔しさ糧に 伊東監督「必ず強くなれる」 

【千葉魂】 博多での悔しさ糧に 伊東監督「必ず強くなれる」

2015年10月20日 10:53


 突きつけられた現実を凝視した。試合が終わってもマリーンズナインはベンチから離れることはなかった。その先でホークスが喜びを爆発させていた。歓喜の胴上げが始まる。敵将は9度、宙に舞った。伊東勤監督は腕を組みながら、その光景を見ていた。ふとベンチを見渡した。一年間、チームを引っ張ってくれたキャプテンの鈴木大地内野手が泣いていた。英才教育を施し、厳しく接し続けた捕手の田村龍弘は目を真っ赤に充血させていた。シーズンを通して険しかった指揮官の表情が少し緩んだ。父親のような温かい眼差しで若い選手たちが悔しそうにしている表情を見入っていた。

      □      ■      □

 「泣いている選手がいたね。みんな、この悔しさを糧に来年、大きく成長してくれると思う。何が足りなかったか。どうすればよかったか。突き詰めて考えてくれたらと思う。そして、これからどう過ごせばいいかを見つけてほしい。今年、このポストシーズンで経験したことは絶対にプラスになる。未来に生きる。だから、泣く暇があったら、練習をすることだ。悔しかったら次、晴らすしかない。人は悔しさ、失敗から何かを学ぶ。そして成長をするものだと信じている。だからオレは泣かないよ。絶対にね」

 福岡ヤフオク!ドームを離れる前、大勢の報道陣に囲まれた指揮官は強い口調で語った。CSファイナルステージは0勝3敗で幕を閉じた。シーズンで18・5ゲーム差を付けられたリーグ優勝チームとの力の差をまざまざと見せつけられた形となった。それでも指揮官には確かな手応えと未来への感触を手にしていた。だから、言葉を選びながらも前を向きながら、思いを口にした。宿舎に戻ると全選手、コーチ、スタッフをミーティングルームに集めた。帽子を取って、一呼吸を置くと、静かに語り出した。

 「ここまでのシーズン、紆余曲折があった。でも、みんなで奇跡を起こそうと一つになって闘い、ここまで来た。オレはそれがうれしかった。このクライマックスシリーズ、ベンチで見守りながら、みんなの成長をしている姿を見て頼もしくて仕方がなかった。これからキミたちが成長をしていく過程を想像するだけでワクワクする。キミたちのプレーを見ていて、成長を感じたし、気持ちの変化も感じた。みんな、もっともっと成長できる。そしてマリーンズは必ず強くなれる。今年一年間、ありがとう」

 思えば今シーズン、厳しい内容のミーティングが多かった。喝を入れ、げきをおくり、ここまで来た。しかし、その過程の中で若い芽は確実に伸びてきた。シーズン終盤、そしてCSの戦いの中でそれは確信に変わっていた。プレーだけではない。CS期間中のマリーンズのベンチは活気にあふれていた。誰からともなく声が飛び交い、ナイスプレーで盛り上がり、劣勢の場面では励まし合った。そのベンチでの光景が指揮官には何よりもうれしく頼もしく感じた。だから、今年最後の集合では全員に「ありがとう」と伝え、頭を下げた。

      □      ■      □

 10月17日、博多の空は晴れ渡っていた。チームは空路、福岡を後にした。指揮官は宿舎の裏側にあるうなぎ店で昼食をとった。「1戦目のお昼をここで食べさせてもらって、勝ったら毎日、来ようと決めていたんですけどね」。お店の大将からねぎらいの言葉を受けると、冗談交じりに笑った。昼食を取りながらふとQVCマリンフィールドのPV(パブリックビューイング)の話題になった。

 「たくさんの方がマリンで応援をしてくれていたんだよね。そのニュースを見て本当にうれしかったし、ありがたかった。雨の日もあったと聞いている。その中で声を届けてくれた人たちのことを想像するだけで目頭が熱くなった。だからね。待ってくれている人たちのために千葉で日本シリーズをしたかった。本当に申し訳ない思い。だからこそ来年。絶対にファンの気持ちに応えないといけない」

 戦いは終わった。しかし、すぐに次なる戦いは待っている。昼食を終え、店を出ると早くも来季への思いを口にした。一瞬、温和になっていた目つきはいつもの勝負師の目に戻っていた。「秋のキャンプは厳しくなるよ。練習の量も質もね。巻き返しはそこから始まる」。11月1日。マリーンズは鴨川市での秋季キャンプから新たな一年をスタートさせる。博多での悔しさを胸にまたグラウンドで汗を流す日々が始まる。マリーンズの新たな戦いが始まる。

 (千葉ロッテマリーンズ広報 梶原紀章)





Posted on 2015/10/20 Tue. 23:55 [edit]

category: 鈴木大地・ロッテ

TB: 0    CM: 2

20