03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

タケじゃなきゃいられない。けど大地も~

竹原直隆選手・鈴木大地選手を絶賛応援中

脳内4人ヒーロー! 

ヒーロー4人ではいけないのか。(笑)
佐々木千隼くん・アジャに加えて
大地くん・有吉くん!

ルーキー・有吉くん、プロ初ホールド!

大地くん猛打賞!ヾ(≧▽≦)ノ
全打席出塁!
3得点!

盗塁も決める!


大地くん打って、アジャ打って、
大地くん死球で、アジャ打って、
大地くん打って、アジャ打って、

だったので、
アジャの打ったシーン、映るたびに、塁間を

とっとこ大地くん!
とっとこ大地くん!
とっとこ大地くん!

(≧▽≦)




ドラ1・佐々木千隼くん、1軍プロ初登板!

やっぱり熱い選手☆
スポーツ報知にアップされていたあの写真。
ガッツポーズで叫んでるの。
5回表、中田翔選手を三球三振にしたとき!
さらにその前には打者・大谷選手を空振り三振に!

さきほど、プロ野球ニュースでも堪能しました!

ああいう熱いところ、雰囲気のる!


佐々木千隼くんと有吉くんの初We are!!
めっちゃいい表情じゃん!


佐々木千隼くん、
謙虚にして、
緊張したと初々しさありつつ、
ルーキーにして、
あのマウンド度胸。

試合後「楽しかった」と。



砂の舞う、帽子も吹き飛ぶ今日のマリン。
ロッテが起動してきた☆☆(^^)






スポンサーサイト

Posted on 2017/04/06 Thu. 23:59 [edit]

category: 鈴木大地・ロッテ

TB: 0    CM: 2

06

大事な報道2つ☆☆ 

逆転大地弾 打てば負けない13連勝 ロッテ5戦目初勝利


 強い思いを乗せ、ロッテ・鈴木の打球が右翼席を埋めたファンのもとまで届いた。「まさか本塁打が出るとは。これでゆっくり寝られます」。主将の一振りが、開幕から勝利のなかったチームを救った。

 5―6の7回2死一塁。マウンドには過去5年間で12打数無安打に封じ込まれていた宮西がいた。スライダー2球で追い込まれながら、フルカウントまで持ち込んだ。「直球は引っかけていた。あの風でスライダーの方の意識を強く持った」。左翼から右翼方向へ風速8メートルの潮風に苦しんでいると察知し、スライダーを狙った。14年のキラ(広島)、パ・リーグでは08年松中(ソフトバンク)以来、左打者から本塁打を打たれていなかった「左キラー」を粉砕。自身が本塁打を放った試合は14年から13連勝となった。

 12球団で最も遅い「チーム1号」だ。昨年も開幕4戦目でチーム1号を放った背番号7は「この時期は僕、本塁打が出るんです」と笑った。パラデス、ダフィーの両外国人の間に座る5番打者。「ほかのチームの5番打者とは違うかもしれないが、色気を出さずに」。昨季まで5年間で通算20本塁打の男はつなぎの意識で打席に向かう。オープン戦で打率・340をマークした勢いそのままに、ここまで打率・444と好調を維持している。

 それでもチームは勝利が遠く、心は晴れなかった。開幕からの4連敗中は、打線が計6得点と低調だった。「みんな必死にやっている。でも結果を出さないといけない世界」。この日も一時は4点差まで開いたが、ひっくり返した。伊東監督は「本塁打を誰も打っていない中で、まさか大地が打ってくれるとは。人一倍、負けられない責任感の強い選手なので、そういうのが乗り移っていたね」と目尻を下げた。

 今季初めての勝利のハイタッチに、お立ち台。苦しんだ分だけ、鈴木の笑顔がはじけた。「連敗でルーキーに投げさせたくなかった。これで吹っ切れたと思うので、明るく元気を出してやっていけたら」。オープン戦首位となった勢いを取り戻し、ドラフト1位・佐々木のデビューマウンドにバトンをつないだ。 (町田 利衣)
[2017年4月6日 05:30 スポニチ]





プロ通算21本目 大地逆転弾はプロ入り後初めて


 鈴木(ロ)が7回に逆転1号2ラン。プロ通算本塁打は21本目になるが、昨年まで殊勲アーチは先制4、勝ち越し3、同点2の計9本。逆転弾はプロ入り初めてだ。

 これで14年5月14日ソフトバンク戦から鈴木が本塁打を打つとチームは13連勝。また、ZOZOマリン(昨年までQVCマリン)で鈴木が本塁打を放つとロッテは10勝1敗(勝率・909)とチームに弾みがつく。
[2017年4月6日 05:30 スポニチ]





Posted on 2017/04/06 Thu. 23:14 [edit]

category: 鈴木大地・ロッテ

TB: 0    CM: 2

06