07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

タケじゃなきゃいられない。けど大地も~

竹原直隆選手・鈴木大地選手を絶賛応援中

サトちゃん引退 

今朝、サトちゃんの引退を知りました。

明日、記者会見とのこと。


サトちゃんは、すごく話が上手で、
サトちゃん、昔ブログを書いていたけれど、文章もすごく上手で、
それは、自分の想いをそのまま言葉に表現できる才能のある人なので、
明日の記者会見で、本人の口から言葉を聞いたら
グッときてしまう。。。と想像したのですけど、

下記の、今朝のニッカンの報道でも、グッときてしまいました。。。
あまりに、サトちゃんのそのままが書かれていると思って。
この記事を書いた方も、素晴らしいです。



サトちゃんの言葉で特に忘れられないのは、
私のブログでも何度か書きました、
かつて札幌ドームで聞いた、サトちゃんのヒーローインタビュー。
自分たちは負けるためにここに来たのではない


雨の神宮。


去年の秋季キャンプにも自主的に参加。
ベテランになっても、決して楽に過ごそうとは思わない人。





ロッテ里崎引退決断、12日会見へ


 ロッテ里崎智也捕手(38)が現役を引退する決意を固めたことが10日、分かった。すでに球団や親しい関係者には伝えており、明日12日に記者会見を開く運び。里崎は5月に左膝を手術しリハビリ中。引退試合の開催などは、後日、発表となる見込み。ロッテの一時代を担い、WBCでは「世界一捕手」の称号も手にした男がユニホームを脱ぐ。

 里崎は遅々として進まないリハビリに、自ら区切りをつけた。「考えられる限りの時間とお金をかけてやってきたんですけど、なかなか良くならないですね…」。ロッテ浦和球場でのリハビリは完全に行き詰まっていた。5月に手術した左膝は、そんきょの体勢が取れないまま。捕手としては致命的だった。

 ここ数年、覚悟を持ってプレーしてきた。「いつやめることになっても構わないと思ってます」。今年も同じ言葉を繰り返していた。球団からの勧めもあって手術に踏み切ったが「膝がぶっ壊れた時が、引退の時。それまでに若いヤツが育ってくれれば」と、悲壮な覚悟も見せていた。吉田や田村が一人前になり、自分が必要なくなるのが理想。「引き際はわきまえています」と話していた考え方にブレはなかった。

 そう考えるに至った源は、伊東監督が就任した2年前にあった。「球団が伊東監督を呼んだということは、捕手の若返りがテーマになる。ロッテの将来に絶対に必要なこと」と監督の使命を察した。自分を客観的に見られるのは、里崎の最大の長所だった。そして根底にあるのはチーム愛。だから、現役を続けることに恋々としないし、後進の成長を素直に喜んできた。

 ロッテでは2度の日本一を味わい、第1回のWBCではチームの世界一に貢献するとともに、個人としても最優秀捕手の栄誉に輝いた。輝かしい実績の中、今年を野球選手としての「最終章」と位置づけ、なんとかチームに貢献したい考えがあった。医師から「成功しても、良くならない可能性もある」と言われた手術に、最後の望みをかけた。しかし、気力に体力は追いついてくれなかった。12日、自らの口で、引退を表明する。


 ◆里崎智也(さとざき・ともや)1976年(昭51)5月20日、徳島県生まれ。鳴門工(現鳴門渦潮)-帝京大を経て98年にロッテを逆指名し、ドラフト2位で入団。05年、ソフトバンクとのプレーオフ第2ステージ第5戦で決勝の逆転二塁打を放ち、チームを31年ぶりリーグVへ導いた。06年第1回WBCでは優勝した王ジャパンの正捕手として22打数9安打(打率4割9厘)と暴れ、松坂、イチローとともに大会ベストナイン。同年はロッテの捕手で85年袴田以来21年ぶりの規定打席に到達した。08年北京五輪出場。10年CSは19打数8安打(4割2分1厘)で、リーグ3位から日本一になる「史上最大の下克上V」に貢献。06、07年ベストナインとゴールデングラブ賞。01年フレッシュオールスターMVP。オールスター出場7度。05、09年盗塁阻止率リーグ1位。05~08年に4年連続満塁本塁打。プレーオフ・CSの通算11長打はパ最多タイ。試合後に球場前のステージで熱唱するなどエンターテイナーとしても人気を集め、8日西武戦で配布された里崎がモデルの「ビックリマンシール」は早くもネットオークションで話題に。175センチ、94キロ。右投げ右打ち。今季推定年俸1億6000万円。
[2014年9月11日7時17分 ニッカン紙面から]




スポンサーサイト

Posted on 2014/09/11 Thu. 23:59 [edit]

category: 千葉ロッテ・マリーンズ

TB: 0    CM: 6

11

コメント

 

なお★ちゃん、こんばんは。

サトちゃんの事、ネットで知った時は驚きました~(>_<)
サトちゃんファンのお母様もさぞかし残念がっていらっしゃるでしょうね。。

この記事はニッカンの紙面からなので、初めて読みました。
いい記事ですね! ここで紹介して下さってありがとうございます。 

とても強い、自分の色を持った選手だったので、思い出も多いですね・・
あの当時の選手が又一人いなくなっちゃうのは本当に寂しいです(T_T)
谷保さんの「サトザキ・トモヤ~」というコールが耳に残って離れません(涙)


今日の試合は雨で流れてしまいましたが、解説は直さんだったのです。
だからマリンには行ってるはずで、サトちゃんもスーツ姿でマリンに来てたと報道にあったので、会えたかな~と思っています。
結局、二人とも、最後は膝の怪我に泣かされたのですもんね。。

明日は昼間から夜遅くまで出かけてる日なんだけど(^^;)
帰宅後、スポーツNなどで会見を見るのを楽しみにしています。
どんな感じかな・・意外にカラッとしてるのかな・・?(*^_^*)

URL | Morning #- | 2014/09/12 00:44 | edit

 

> Morningさん

こんばんは!

母には、昨日のうちに連絡しておきました。
今日の記者会見、見れたとよいのですけど。。。

私は今、Youtubeで見れました(涙)


> 今日の試合は雨で流れてしまいましたが、
> 解説は直さんだったのです。
そうだったですね!
この日に会えたのも、
見えない何かが引き寄せたのかもですね。。。


URL | なお★ #- | 2014/09/12 23:06 | edit

 

昨年6月京セラドーム、古谷の1安打完封試合で好リードして4安打の活躍が強く印象に残っています。昨年も故障に苦しみ、ようやく復帰してこの試合で活躍したのに、その数日後にプレー中に激突、故障。不運も重なりました。どやムランと、どや三振の落差が凄く魅力的でした。バントがうまいところも。指示したコースに投げられない投手に厳しく注意していたのも印象的でした。あと少しでもいいからプレー見たかったです…マリーンズのために頑張ってくれてありがとう…

URL | 大阪の一ファン #N0fGSRtA | 2014/09/13 09:18 | edit

 

おはようございます。
会見に【将・たすく】という単語を出したのが、こだわりやった気がします。

URL | 先生 #- | 2014/09/13 11:08 | edit

 

> 大阪の一ファンさん

どや三振のあと、ベンチに戻ってくるとき、
バットをクルッと回す癖が楽しかったです(^w^)

ケガさえなければ、まだできたのに。
気力は十分なのですから…

URL | なお★ #- | 2014/09/13 12:13 | edit

 

> 先生さん

こんにちは!
私も、将さんの名前が出たとき、
うわぁ~って思いました。(T_T)

将さん、この会見、見てるかな、
見てるといいなって思いました。

URL | なお★ #- | 2014/09/13 12:35 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://ichikinman.blog.fc2.com/tb.php/3515-ca30a810
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list