07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

タケじゃなきゃいられない。けど大地も~

竹原直隆選手・鈴木大地選手を絶賛応援中

【千葉魂】 主将、3年目のシーズンへ 鈴木「誰よりも頑張る」 

(千葉日報webより)


【千葉魂】 主将、3年目のシーズンへ 鈴木「誰よりも頑張る」

2016年02月2日 11:10


 指揮官のスピーチは熱を帯びていた。石垣キャンプ前日に宿舎で行われた1、2軍全員を集めてのミーティング。今年の戦い方、気持ちを全員に伝えた。その最後、鈴木大地内野手に視線を向けた。目と目がピタリと合った。すると一段と大きな声で今年のチームリーダーを指名した。

 「今年もキャプテンは鈴木大地にやってもらう。よろしく頼む!」

 前年と同じタイミング、場所で3年連続のキャプテンに指名された。むろん、本人もそれを願っていたし、そうなると念じていた。この日の朝、朝食会場のホテル内レストランで伊東勤監督とバッタリ会った。昨年末の球団納会、1月下旬の必勝祈願の際には話題に上がらなかったが、この日は開口一番、聞かれた。「新聞とかではオマエの発言は知っている。キャプテンをやりたいんだろ?」。いきなりの本題にも、驚かなかった。オフの間、ずっと自問自答し、すでに導き出された自分の心の中の思いを口にした。「やらせていただけるのであれば、お願いします!」。ニヤリと笑みを残し、指揮官はその場を去った。その数時間後、伊東監督は全員の前で、その答えを野太い声で伝えた。

      □      ■      □

 シーズンオフ、鈴木は多くの人に来季のことを聞かれた。キャプテンであることは既成事実のように「来年も頑張ってください」と声を掛けられた。実家に戻っても旅行先でも多くの人が、そう言ってくれた。そのたびに一年を振り返ってみた。自分と向き合う貴重な時間になった。2年連続で伸びていた成績が、初めて落ちた。人前で個人目標を口にすることはあえてしないと決めていたが、「自分の中では打率3割を目指していた」という鈴木にとって、大きな挫折となった。2年連続で続けていた年間フル出場も途絶えた。Aクラスに入ったとはいえ、チームを引っ張るリーダーとして、自分自身ではモヤモヤの残る一年。その中でまず整理をしたのはキャプテンという立場への思いだった。これに関して自分の結論が出るのは早かった。

 「伊東監督は自分の人生の中でも特別な人。その人を胴上げしたい。その時、輪の中心に自分がいて胴上げをしたい。今年こそリーグ優勝、日本一になって、この人と一緒に喜びたい。そのためには自分が誰よりも頑張らないといけない」

 心の底から湧き上がる気持ちだった。年末、実家に子供の時、集めていたたくさんの野球カードを発見した。伊東監督の現役時代のカードもあった。その一枚を大事そうに持ち出すと財布に入れ毎日、持ち歩いている。「この人を胴上げするのだという思いをいつ何時も持つため」。野球から離れた時もその決意をすぐに思い返せるようにとあえてそうした。練習にもさらに磨きをかけた。体幹トレーニングを中心に徹底的に妥協なく体を鍛え上げた。栄養にも気を使い、妻と二人三脚で食生活の改善にも取り組んだ。キャンプ前日、その仕上がりは明白だった。「プロに入って、キャンプが楽しみと思えるのは初めて。クルーズや、今江さんが抜けて、新たにルーキーで平沢も入ってくる。内野の環境が変わる中で自分が誰よりも頑張らないといけない。そう思うとワクワクする」と胸の内を明かした。

      □      ■      □

 全員を集めたミーティングでの伊東監督の熱い所信表明は終わった。誰もが固唾(かたず)を飲んで聞き入る迫力があった。まずはチーム内の競争。そしてプロとしての厳しさ。一日の目標を決め、続いて中期的な目標を決め、そして一年間の目標を明確にするよう指示した。個人ではない。全員で戦う。昨年、レギュラーシーズンでホークスに圧倒的なゲーム差で敗れ、クライマックスシリーズファイナルステージでは3連敗で終えた屈辱を思い出すよう託した。そんな熱を帯びた演説はキャプテンの指名で最高潮に達した。最後に伝えた。

 「去年の終盤戦はとてもいい戦いができた。そしてその試合を多くのファンの方が喜んでくれて注目をしてくれた。それを今年は一年を続けて持続させよう。開幕は本拠地、千葉から始まる。まずはファイターズをたたいて、イッキに突き進もう。ファンの方々と一緒に戦い、喜びを分かち合おう」

 2月1日、石垣島キャンプが始まった。伊東マリーンズ、4年目がスタートした。キャプテン鈴木はチームを引っ張って、3年目に突入する。目指す気持ちは一つ。熱き心で、リーグ優勝、日本一。3月25日の開幕戦、QVCマリンフィールドに立ちはだかるであろうファイターズの絶対エース・大谷翔平を倒し、頂点まで駆け抜けてみせる。

(千葉ロッテマリーンズ広報 梶原紀章)




スポンサーサイト

Posted on 2016/02/09 Tue. 22:44 [edit]

category: 鈴木大地・ロッテ

TB: 0    CM: 2

09

コメント

 

こちらにも、こんばんは~♪

ちょっと久々の大地くん関連記事ですねっ!

ここに来て、少しずつ色んな選手の報道も出始めましたが(^^ゞ
一時、まるでロッテは新人くん達だけでキャンプやってるのかな・・って感じだったものね~(笑)
まぁ、毎年そうで、順番みたいなものかもしれないけど。。(^^;)

>一日の目標を決め、
>続いて中期的な目標を決め、
>そして一年間の目標を明確にするよう指示した。
これって、本当に大事なことですよね!
選手だけじゃなく、我々みたいなフツーの人にも通じる事かも・・・(*^_^*)

大地くんの強い気持ちが、シーズン終える頃に実っているといいですね~☆
心から願ってやみません!


あと、話は全く違いますが(汗)
先日ロッテの新ユニの記事で、ここに写真出てたオリさんちのチェック柄ユニですが、
今、アメリカで、「斬新だ」とすごく話題になってるそうですね~♪(驚)
今日ネットで読みました!
パジャマみたいだ・・とかって言ってるのは、日本のオジサン達だけだったりして!(笑)

URL | Morning #- | 2016/02/10 01:16 | edit

 

> Morningさん

こんにちは~♪

去年は田中くん祭りでしたからね~。(^^ゞ

大地くん、シート打撃の初日で
ヒット打ったみたいで☆

> 今、アメリカで、「斬新だ」と
頭やわらか発想\(^o^)/


URL | なお★ #- | 2016/02/10 06:20 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://ichikinman.blog.fc2.com/tb.php/4298-1d12ec57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list