07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

タケじゃなきゃいられない。けど大地も~

竹原直隆選手・鈴木大地選手を絶賛応援中

竹原直隆選手を応援してきた私の11年間「東京駅始発 のぞみ1号」 

オ、オ、オリックス?

移籍の報道が出たとき、その球団名にも驚きました。

私の中では、オリックスは
パ・リーグの中で1番、無味無臭でした(笑)。

好きでもない。嫌いでもない。
1番、意識の遠かった球団。



東京駅始発の新幹線「のぞみ1号」
いつもこれに乗って、タケに会いに行っていました。

朝4時起床。

家を出ると、春先はまだ外が真っ暗で、
ほんと、夜に出かけるような不思議な感覚でした。

その、家を出たときの明るさが、だんだん明るくなってくると
季節の変わり目、感じてた。

東京から新神戸まで2時間37分、爆睡(笑)。

新神戸駅に着くと、もうすっかり明るくて、
緑に囲まれた駅。鳥が鳴いている。
新神戸駅、大好き。


神戸サブ球場に、初めて、タケのオリユニを持って行った日。

そのときタケは、
まだ現役だったシモヤマンと赤田さんと談笑していました。

タケユニを出した私に、まず気づいたのはシモヤマン。
(まだシモヤマンと面識なし)
そしてタケに、ファン来てるよ、みたいに教えてくれて。
タケ気づいて、こっち見て、笑顔でペコリしてくれた。
それが凄く嬉しくて。

と同時にびっくりしたのは、
ロッテでは考えられなかったこと。少なくとも私には。
選手が、選手に、ファンのことを教えてくれるなんて、
そういう経験が私には無かった。


タケとビッキーが一緒にいたとき、
いつものように夢中でタケの写真を撮っていると
グラウンドから
「どっち撮ってんの?」
と、高橋信二さんに聞かれたり。(^^ゞ
こんなことも、今まで無い!


タケいるとか、いないとか(笑)たびたび教えてくれたシモヤマン。
高橋信二さんも、庄司くんも、教えてくれたり、
自分のファンというわけではないのに、
タケファンと知った上で、アシストしてくれました。
あたたかかった。

チームの雰囲気。
キャンプでは、コーチがファンを巻き込んで楽しませてくれる。

コーチも、選手も、声大きいし(笑)、
普通の会話も、よく聞こえる。

みんなの中で、タケがカラカラと笑う声。
みんなにツッコむタケ(聞こえる 笑)。

楽しかった。本当に楽しかった。
とにかく、みんなが近かったんだ!



タケのおかげで、
今まで知らなかった球場に、いろいろ行くことができました。

神戸サブ球場をはじめ、
通称けもの道(笑)を登って行った、トトロの世界と思った北神戸、
ナゴヤ球場、
好きだった鳴尾浜、
1番好きだった雁ノ巣。
雁ノ巣で、タケ、たくさんホームラン打ちました。
「気をつけて帰ってください」って、初めて言ってくれたのも雁ノ巣。
嬉しかった。



秋季キャンプは高知市東部野球場。
あの、一面のコスモス畑。

インパクト強かった出来事は、
1番最後まで居残り練習していたタケを待っていて、
お見送りした後、
気づいたらあたりが真っ暗になっていて
広い道に出るまで街灯1つなく、ほんと闇で(笑)、
来るとき歩いてきたのが幸い。(道・方向わかるから)

携帯の明かりで何とか足元を見つつ、広い道に出たけれど
歩道が50センチくらいしかないところにバス停があるので
危ないから横の土手?に登って待って
バス来たら急いで降りて止めたらいいよ!
って現地の方からアドバイスもらっていて、
バスが1時間に1本くらい?しかないので、
ずいぶん待って、やっと来た!と思って急いで降りたけど
私に気づかず、通り過ぎてから気づいて急ブレーキ!!
みたいな。(;´▽`A``

ほんといい経験でした。スリル満点(笑)。



ロッテのキャンプのときは、
いぐっさんや、つよぽんたちと、
アーリーワークでウエイトしていたので、
オリックスに行ってから、
ロッテのときと同じように練習できるのか、
やりたいことができるのか、
ということが、まず、凄く気になっていました。
チームによって方針とかもあるでしょうし。

ただ、タケはできていました。

高知キャンプのときも、春季キャンプの宮古島でも。


宮古島の下地球場。
道路の真横に、ウエイトするところがあって、
柵も扉も無いところがある。
道路からダイレクトに見えますし、
選手が道路に出てきて練習しているときもあります。

選手とファンの境界線は自分で作る、という世界。


私は、タケより早く球場に行って
「おはようございます」言いたい派なので、
絶対タケに負けないように、先に着くように行ってた。
(何の争い? 笑)

早ければ朝8時。

早出練習の選手たちが来るよりも前に、タケは来ます。

早出の選手が来るまでの間、
道路に座って、目の前のタケの練習を、ただ見ている。
この、おだやかな時間が大好きでした。


ある年のキャンプが始まる前日。
タケなら練習してるはずと思って球場に来てみたら、
やっぱり練習していて、
記念に、タケの写真を撮りたいって言ったら、
「一緒の方がいいですよね(^^)」
って、タケが東野投手に私のカメラのシャッター押してって言って
2ショット撮ってもらえた、
こんな凄い出来事は一生に一度と思っています。


下地では、夕ご飯、気に入ったお店に毎年行っていて、
いつのころからか、店員さんに覚えてもらえていたみたいで。

店内中にサイン色紙がかざってあった、あの焼肉屋さんも、
明るくハキハキした女性の居酒屋の店員さんも、
近い将来、オリックスのキャンプが
宮古島から離れてしまうことを知っていました。

監督・コーチ・選手たちに会えなくなってしまうのは寂しい。
それと同時に、毎年こうやって来ていたファンの人たちにも
会えなくなってしまうのは寂しい。
と言っていました。。。


雁の巣も、無くなってしまった。
そして、神戸サブ球場も無くなってしまう。



私が関西に行くようになった初期のころ、
球場までの行き方が分からなくて、
1日にMAX6人くらいの方に、道を聞いたことがあります。(^^;
でも全員、しかも凄く丁寧に案内してくれました。
その日だけではなく、別の日も、
誰一人からも、断られたことは無かった。


タケがオリックスで初めてヒーローになったとき、
タケのヒーローインタビューを
正座して、拍手して、聞いてくれたグッチ、赤将さん。
ベンチに残って、笑顔で拍手して聞いてくれていたみんな。

タケは、オリックスで、
チームメイトにも、そして本当にたくさんのファンに愛されてたよ。

タケはオリックスに行って幸せになった。

そして私は、純粋にシンプルに「ファンの“子”」でいられた。
上手く言えないのですけど、
オリックスには、ファンに対する、そんな包容力を感じた。



そしてタケがオリックスを退団。

それでもまた会える気がしてた。



to be continued...







スポンサーサイト

Posted on 2016/12/30 Fri. 23:32 [edit]

category: まるっと竹原直隆

TB: 0    CM: 4

30

コメント

 

なお★さん
神戸に来る時は、本当に、朝が早かったですね〜!(◎_◎;)
いやー!(◎_◎;)
びっくりしましたー!

宮古島の人達は、知っていたんですね( ; _ ; )
なんか、悲しい( ; _ ; )

そうそう、竹原さんが、オリックスで、初めてヒーローインタビューだった!
あの試合!
私、見に行っていて!
本当に感動しましたー(*^o^*)
グッチと、赤将さん!
懐かしい(*^o^*)
あの試合の日のなお★さんのブログに、初めてコメントしたんです!
本当に、今でも、あの試合のこと、忘れられません!

そうそう、実は、私の住んでる明石に、熱狂の日的な、広島ファンのお店があって、最近、行ったんです、クジラ料理のお店、広島の選手の色紙が沢山あったので、びっくりしたら、明石の駅前のホテルが、広島の2軍の宿泊になっていて、神戸サブ球場で試合がある時は、良くそのお店に選手が食べに来ていたそうで、来年から、無くなるから、もう来てくれないって、店主さんが、寂しそうに言うてましたー( ; _ ; )

思い出の場所が無くなってしまうのは、悲しすぎます。

オリックスは、選手が、ファンに、近かったのですね(*^o^*)

URL | 明石の智ちゃん #DhzYpzns | 2016/12/31 00:21 | edit

 

なお★ちゃん、こんばんは~♪

昨日の記事へのコメで、もう既にその様なこと書いちゃってますが(^^;)
本当に、竹原くんはオリックスに移籍して良かったですね~☆
こうして読み進んで行くにつけ、つくづくそう思います。。
温かい雰囲気の中で、のびのびと自分を出してる感じでしたから~♪

その時々の場面に関する記事を読んだのを、懐かしく思い出します!
シモヤマンや高橋信二さんとの絡みとか、
竹原くんが自ら東野投手に頼んでくれた時の事とか・・・(*^_^*)

その頃、なお★ちゃんが感じたという、初めての感覚、
それまでには無かった選手とファンの間の雰囲気や距離感、
私がせっせと通ってた頃のベイスターズにも、少し似たものがあったんですよ~!
読んでてちょっと懐かしかったです(笑)
ちなみに、絡んでくれたのは石川タケヒロ選手とか、森本ヒチョリさんとか、コーチやスタッフの方々でした~(^_-)-☆

いつも始発の新幹線で関西方面に向かっていた事とか、
秋季キャンプの時の、スリル満点の真っ暗な帰り道の事とか、
読んでると、もう、なお★ちゃんの情熱と言うか、執念と言うか(笑)
とても他の人には真似できない熱いものを感じて凄いと思いました~☆

URL | Morning #- | 2016/12/31 04:04 | edit

 

明石の智ちゃんさん

日帰り遠征なので、朝早くなってしまっているので。(^^ゞ
(ただ、日帰りの方がスケジュール的に見に行きやすいので)

店主さんのお話、宮古島の方々と同じ感じですね。。。


> あの試合の日のなお★さんのブログに、初めてコメントしたんです!
タケが繋げた縁ですね☆


URL | なお★ #- | 2016/12/31 20:58 | edit

 

Morningさん

こんばんは~♪

ロッテが良くないと言っているわけではなくて、
その選手にとって、
1軍でできるチャンスが、より多い場所が良いと思うのです。
そのときのチーム構成とか状況の影響も大きいので。


> その時々の場面に関する記事を読んだのを、懐かしく思い出します!
覚えていて下さって、嬉しいです(^^)

ベイさんちのそういう感じ、
外から見ていても少しわかる感じがします(笑)

URL | なお★ #- | 2016/12/31 21:16 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://ichikinman.blog.fc2.com/tb.php/4859-67e4d0f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list